戻る   TOP

滋賀県の依頼で中沢会長が講演 
――孤独死防止への取り組みを報告――




 
 常盤平団地の「孤独死防止」への取り組みが全国から注目されていますが、このほど滋賀県草津市で開かれた「孤独死問題の講演とパネルディスカッション」に自治会の中沢会長が招かれました。

 3月22日(火)、草津市の県立長寿社会福祉センターには、滋賀県と県社会福祉協議会の呼びかけに応えた市民や民生委員、在宅介護支援センター職員
など約240人が集まり、中沢会長の報告に耳を傾けていました。

 孤独死防止対策の活動の経験を聞かせてほしいという招待は、1月19日(水)の名古屋市に続いて、今回で二例目です。この2回の講演依頼には、自治会から山根さんと水嶋さんの2人が参加し、朗読を担当して中沢会長の講演を支えました。