孤独死ゼロ作戦4つの課題 
   ≪常盤平団地≫

1.孤独死を発生させる社会的状況を見極める
  @高齢化の進展及びひとり暮らしの増加
  A世界一の長寿国(平均寿命・女性84.93歳 男性78.07歳)
  B核家族化の状況を把握
  C長期不況とリストラ

2.孤独死の実態把握
  @ひとり暮らしの実態把握と「登録」状況
  A事例を深く知り、学んで生かす(事例研究)
  Bサービス制度、システムの活用

3.7つの対策
  @65歳以上ひとり暮らし「登録」呼びかけ
  Aひとり暮らしへの対応(訪問、助け合い活動、見守り活動、安否
    確認、各種サービス制度の紹介、介護保険の活用等)
  B「通常時」及び「緊急時」の通報ネットワークの活用
  C「向こう三軒両隣り」の呼びかけ(地域コミュニティーの推進)
  D福祉よろず相談業務の充実
  E関係団体との連携
  F行政との協働と役割分担

4.いきいき人生への啓蒙、啓発
  @地域福祉の事業活動への参加
  Aボランティア活動への参加
  B「とじこもり」をなくし、出会いの奨励
  C仲間づくりへの配慮
  Dユーモア感覚の開発と「笑い」の効用研究
  E配偶者を亡くしたあとの「立ち直り」への励まし
  F「死への準備教育」の研究(死をタブー視しない)
  G「快食」「快便」「快眠」の奨励
  Hその人に見合う運動、スポーツの実行
  I生活習慣病の予防
  Jその他